アロエの効果

昔、子供のころ、実家にはいつもアロエの鉢がおいてありました。
アロエは結構強く、冬に外に出しっぱなしにして
霜にさえあてなければ、少々水をやり忘れても
元気に育ちます。
肉厚の葉はぎざぎざのふちがついていて子供心に
変な植物だなと思っていました。
でも、そのアロエが活躍するときがあります。
それはやけどの時です。
天ぷら料理などの時、油がはねることがあります。
または、フライパンの熱い部分を触ってしまった時、
そんな時にはすぐにアロエの葉を切ってきて
中のジューシーな果肉の部分を取り出します。
すごく水分を含んでいてやわらかいゼリー状になっているのです。
それを患部に当てて、熱を取って行きます。
アロエの葉はやけどの時の特効薬になるのです。
自宅のアロエは食べたことがないのですが
アロエは食物繊維がたっぷりということで
市販のアロエヨーグルトには大分お世話になりました。
便秘気味な時にはコンビニで買って帰ってよく食べていました。
とても効果があったのを覚えています。