ヤーコンの詳しいこと

ヤーコンというと、よく健康食品の雑誌などで目にしますが、具体的にどのようなものなのか、詳しいことはあまり知りません。
最近、健康に関して強い関心を持ち始めたことから、こうした健康食品についての情報もいろいろと仕入れたいと思っているので、よい機会だからとヤーコンについて調べてみました。
ヤーコンは中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、はるかインカ帝国の昔から親しまれていたそうです。
当時は果物のような野菜という位置づけだったそうですが、その様子を見ていると、どちらかといえば野菜に近い気がします。
ヤーコンを一言で表すとしたら、オリゴ糖でできたお芋、ということになるようです。
けれど、果物のような野菜と形容されてきたのには訳があって、芋でありながら、生で食することができるのです。
しかもオリゴ糖を豊富に含んでいるため甘く、その食感はまるでしゃきしゃきした梨を食べているようだとのことです。
そう聞くと、一度食べてみたくなってきました。